やばいIRS 便秘の税理士



2020年の春から始まったCovid-19のパンデミックにより、IRS(米国国税局)のシャットダウンが起こり、通常の業務に多々なる遅延が発生し続けています。異常事態です。


更に、税金の徴収に血道を上げているIRSは、自動通知(Automated Notices)を頻発しています。


たとえ、正しくファイルをして、きちんと納税されていても、IRS側で正しく記録されてないことがあり、納税せよとの、自動通知が頻発しております。IRSはランダムに納税者を選んで、監査を行うことも多々あります。今年は、300ミリオンの自動通知が発行される見込みです。



上の表は、Wall Street Journalに掲載された、IRSの過去6年間の“Math Error”Noticeの発行数です。

突出しているピンクの棒グラフは、2021年に発行された「Math Error Notice」の数です。

「記録的」な11ミリオン(11億)通の通知を発行しています。 


2020年に発行されたコロナ補助金を2021年にタックスファイリング時に申告したのですが、納税者の多くに、計算間違いだ、という通知が発送されました。


2021年には、子供手当の前倒し支払いにコロナ補助金の第三弾がありました。ということで、今年の2022年は、もっと多いMath ErrorのIRS Letterが皆さんのお手元にくるんではないか、と。


IRS Letterは、ここ2年で急増してます。


納税したのに、納税しとらんがな、というお手紙。

ファイルしたのに、ファイルしとらんぞ、というお手紙、弊社、結構、受け取っております。


そういう時は、まず、お手紙で説明(というか、抗議)して、配達証明の方法で送ります。

そして、IRSに電話します。


コロナ禍の前でしたら、1-2時間の待ち時間で、やっとIRS Agentとお話ができます。


しかし! コロナが始まってからは、IRSの人員不足で、電話が通じない!! という事態が続いています。私ども専門家の専用電話にも、通じない。


よく考えれば、コンピュータが作った手紙が殆どなので、間違っている通知も多い。


ものすごい金額の罰金がかかれたIRS Letterを横に於いて、IRSに電話するんですが、途中で携帯のバッテリーが切れたことも。


最初の音声メニューで、何度も何度もやり直して、やっと。。。とおもったら、「話がかかりすぎて、応答できません。」、とぶちっと電話はきれます。


そのままにしておくと、「ペナルティー倍増じゃけんのう。」というお手紙がきて、それでも電話が通じないと、ついに「差し押さえ直前じゃぁ、ワレッ!」という手紙が来ます。


青くなって、電話しますが、5時間まったことも。


ほかの仕事をしながら、IRSの待ち受け音楽を聴くのですが、その仕事に集中できるわけもなく。


         胃が痛くなります。


変な話ですが、トイレにも携帯を持って行きます。2-3時間まち続けたAgentの返答を逃すわけにはいきません!


         便秘になります。



そして、昨年の3月には、ユタ州にあるIRSのProcessing Centerで30ミリオンもの情報申請のタックスの書類が「Destroyed」というIRS 内部調査担当からのレポート。


別の同業者からは、「火事」があったらしい、とのこと。


ウーム。放火だったりして。。 山積みになった書類をみて、「燃やしちゃえ」と思った職員がいたのかも。


このニュースは、最初、当方が属する国際税理士・国際税弁護士のグループの仲間から、メールが回ってきました。


当方、全員への返信の形で、「そこに、法人のファイルを書面でおくったんです。今年、IRSから大きなペナルティーの濡れ衣をかぶせられているので、連絡の最中なのです。吐きそうです。」と返したら、弁護士の人が個人的にメールをくれて、「僕も、3件ほどそこにおくったんだよね。。。」


「ストレス高じて、私はチェリーパイ大きいのを先ほど食べました。」


「おやまぁ、僕はさっきお昼に、アップルパイ食べたよ。」



胃痛に、便秘、そして、デブになる国際税理士。


2022年のタックスシーズンは始まったばかり。


この夏を迎える頃には、私どもは、どうなっているでしょうか。





Featured Posts
Recent Posts