Our Service   国際税制業務

Green Card 返却年のタックスファイリング
Green Card返却年のタックスファイリング

近年、米国を離れる決心をされる方が増えています。それに伴い、Green Cardの返却に関するご相談も増加しています。

 

以下は、概要を述べさせて頂きます。実際の返却にまつわる書類の作成と返却年のタックスファイリングについては、複雑になります。又、個人個人の状況も違う為、Websiteでは、説明しきれない為、IRSのPublicationとInstructionをご紹介するに留めます。

 

一般の方がご自分でファイルされる場合、かなり時間がかかると思います。弊社にご依頼いただくことをお勧めいたします。

以下、概要です。

1.USCISへのGreen Card返却の申請: 移民法関連 (税制ではありません。)
 

USCIS管轄となります。東京のUS Embassy日本語ページのWebsiteに情報があります。

提出先は、現在はアメリカのバージニア州にあるUSCISとなっています。

 

過去は在日本アメリカ大使館でも出来ましたが、一昨年ほどまえに韓国に移管されました。その後、また変化があり、現在では、本人様がアメリカのバージニア州の住所に提出することになっています。

  • 提出書類: I-407

  • 提出が受理されると、USCISからI-797C (Notice of Action)が送られてきます。

  • この書類に指示があれば、対応してください。

 

2. GCの返却年のタックスファイリング

​通常、Dual Statusとなります。詳しくは、Publication 519にあります。 

Form 8854の作成が必要であるかをInstructionで判断し、必要であれば、作成し、添付します。IRSの別の部署にも送付する場合もあります。詳しくは、Form 8854のInstructionをご参照ください。

Form 8854で必要な情報は以下です。

必要情報は、(1)Long Term Residentでいた期間 (2)GC返却日の前日に於けるバランスシート (3)GC返却前の全世界の収入と納税額その他 (4)返却後のアメリカとかかわりのある収入等 (5)過去5年間、きちんとタックスをファイルしていたか、が挙げられます。

上記の情報、その他の要素を含めて、”Covered Expatriate”であるかどうか、の判断をまずする必要があります。

本件に関するご質問は、有料となってしまいます。こちらよりご連絡ください。

3. GCの返却年のタックスファイリングをしないままでいたらどうなるか?

 

まず、米国市民権離脱または、GCの失効、返却が2008年6月17日以降であれば、全世界のご収入をすべて申告する必要のあるアメリカの納税者、という立場ではなくなります。ご収入の内容によっては、Non-Residentでファイルする必要が出てくる場合はありますが。代わりに、”Covered Expatriate"という立場になるかどうかの判断によります。

もし、”Covered Expatriate”に該当するのであれば、Form 8854の提出が必要となります。未申請の場合は、$10,000の罰金が科せられます。

 

一方、返却が2008年6月16日以前であれば、US Taxpayerのままとなり、引き続き、USTaxのファイリングが必要となります。

 

この点は、移民法とは違いますのでご留意ください。

 

”Covered Expatriate"の判断は、Form 8854のInstuructionにあります。
 

Covered expatriate.

 

You are a covered expatriate if you expatriated after June 16, 2008, and any of the following statements apply.

 

  1. Your average annual net income tax liability for the 5 tax years ending before the date of expatriation is more than the amount listed next.

    1. $139,000 for 2008.

    2. $145,000 for 2009.

    3. $145,000 for 2010.

    4. $147,000 for 2011.

    5. $151,000 for 2012.

    6. $155,000 for 2013.

    7. $157,000 for 2014.

    8. $160,000 for 2015.

    9. $161,000 for 2016.

    10. $162,000 for 2017.

    11. $165,000 for 2018.

    12. $168,000 for 2019.

    13. $171,000 for 2020.
       

  2. Your net worth was $2 million or more on the date of your expatriation.
     

  3. You fail to certify on Form 8854 that you have complied with all federal tax obligations for the 5 tax years preceding the date of your expatriation.

”Covered Expatriate"の人が、Form 8854をファイルしない場合のペナルティーは、$10,000と書かれています。

4. GCの返却年のタックスファイリングをしないままでいます。アメリカに再入国はできますか?

本質問は税制から離れますので、米国移民弁護士さんにお尋ねください。 

******

*Bottomline:アメリカからけじめをつけたいのであれば、まず、GC返却に際するTax Filing(最終のTaxと場合によってはForm 8854)をきちんとすべきだと思います。

ご質問者、ご依頼者がForm 8854と最終のタックスをファイリングを避けたい、という意図の場合のご質問は、IRS規定に反するもので、残念ながら、対応はできません。