アメリカ税制解説
申告義務 Filing Requirement

アメリカ税制の申告義務は以下の立場の方に生じます。尚、申告と納税は違います。申告をしたら必ず納税をするとは限りません。税の還付をうけられることもあります。

申告義務

・ビザの有り無し、種類に関わらず、収入が以下の金額を超える場合。

2017 Tax  (2018 filing)     65歳未満  | 65歳以上

独身 (Single)                      $10,400  | $11,950 

夫婦合算 (Married Jointly)   $20,800 | $23,300 | $22,050 *お一人が65歳以上 

夫婦別(Married Separately)   $4,050 

世帯主(Head of Household)   $13,400 | $14,950 

適格未亡人(Qualified Widow)$16,750 | $18,000 (子供がいて、配偶者死亡翌年から)
非居住者(Non-resident) $4,050 <米国内で発生した賃金・労働報酬のみ>

2018 Tax  (2019 filing)     65歳未満  | 65歳以上 (2018Jan現在の情報)

独身 (Single)                       $12,000  | $13,600

夫婦合算 (Married Jointly)    $24,000 | $26,600 | $25,300 *お一人が65歳以上 

夫婦別(Married Separately)  ($12,000)* 未確認

世帯主(Head of Household)    $18,000 | $19,600 

適格未亡人(Qualified Widow) $24,000 | $25,300 (子供がいて、配偶者死亡翌年から)
非居住者(Non-Resident) $ 0*税制改正の理論からすべての収入*未確認

                                             

・自営業者でNet Income (経費を差し引いた利益)が$400以上あるかた。

・F, J, M. Q ビザ保有者 (申請のみで納税は発生しないこともある)

・収入が上記の表を超えないが、源泉徴収、納税をされたかた。

居住者:当年の滞在日数が31日以上かつ以下の合計が183日以上

  • 当年の滞在日数

  • 前年の滞在日数の3分の1

  • 前々年の滞在日数の6分の1

非居住者: こちら