アメリカ税制解説
In-Home Day Care
ホームデイケア 控除項目  SELF-EMPLOYED DAY CARE PROVIDER DEDUCTIONS

以下は、主な控除項目のリストです。 <Meal Expenseに関しては下記をご覧ください。>

控除のための基本は、”Ordinary and necessary"です。 その職種、ビジネスの運営においては普通に控除されている項目であり、かつ、運営に必要な項目です。


注意:

(1)個人の消費項目は含めないでください。

(2)すべて記録、レシートを取っておくことが重要です。

(3)子様のIn-Outの時間の記録も取りましょう。IRSの監査があった際は重要な資料となります。

Office Expenses

Dues and Professionals Fees

Liability Insurance

Legal & Professional Expenses

Professional Licenses

Memberships

Publications

Uniforms

Advertising

Other__________________________

Supplies

Children’s books

Child Proofing Devices

Camera (business-use only)

Food and Snacks

Arts & Craft Supplies

Cups, Bottles, Formula

Diapers, Diaper Supplies

Cleaning and Laundry Supplies

Toys

Other__________________________

Equipment
 

Car Seats

Cribs

High Chairs

Riding Equipment

Swing Set/Slides

Computer (business-use only)

Printer/Copier (business-use only)

Other__________________________
 

Continuing Education

Seminars & Classes

Business-related Books, Manuals

CPR Training

Other__________________________
 

Miscellaneous
 

Office Supplies

Postage

Storage

Printing/Photocopying

Client Gifts (name)________________

Other_________

Day Care Meal Expense

Day CareのMealを引き落とすにあたり、二つの方法があります。Actual CostとStandard Meal Cost Methodです。
 

Actual Costは実際にかかった費用をすべて記録、レシート保管し、控除します。

Standard Meal Cost Methodは、お子様たちを預かる時間帯によって、朝食、昼食、スナック、それぞれIRSが決めたレートをかけて計算する方法です。

Standard Meal Allowance Methoⅾ 2017:

    Breakfast $1.31

    Lunch/Supper $2.46

    Snack $.73

 

預かっているお子様たちの出席票、預かった時間帯を割り出して、朝食、昼食、スナックそれぞれの人数を出し、其の日ごとの人数X上記の金額により計算します。ご自宅でDay Careを経営されている方は、ご自分のお子さんがいらっしゃる場合が多いので、ご自分のご家族、お子様の分は除外して控除して下さい。 基本は、記録をきちんととっておくことです。