Our Service   国際税制業務

Accidental Americanの市民権返却
Accidental Americanの市民権返却の救済手続き

2019年9月に施行された、”Accidental American”の市民権返却の手続きに関連した税制上の手続き=Relief Procedure Ceterin Former Citizensについて説明いたします。

ここでは、American=米国市民の方で、”Accidental American”に当てはまる方への旧材措置を述べます。

Green Cardを持っている方で、返却をお考えの方は、この項目はあてはまりません。

したがって、Green Cardの返却にまつわる救済措置はありません。ご注意ください。

Green Card返却に関しては、こちらの弊社Websiteをご覧ください。

1.救済措置の背景

2.Accidental Americanとは

3.American Citizenの税制上の義務

4.Covered Expatriates

5.救済措置の条件

 

1.救済措置の背景
 

2010年にFATCA法(Foreign Account Tax Compliance Act of 2010)が施行され、日本でも、新規の銀行口座を開設する際に、国籍を申告する必要があります。

近年、新規口座を作ろうとして、ご自分がアメリカ生まれであることがわかり、銀行より、ソーシャル番号を記載しないと、口座を開設できない等の局面に遭遇される方が増えています。 または、米国市民権を放棄した証明が求められます。

 

米国市民は、ご収入があれば、米国税制に準拠していることが求められます。つまり、世界のどこにいても、全世界のご収入を申告する必要があります。

しかし、”Accidental American”に該当する人は、実際はアメリカのタックスリターン、その他の申告の必要を知らなかったり、敢えて無視してきた人もいるでしょう。

タックスの義務から逃れることを考え、市民権を放棄することも一案です。

しかしながら、移民法での市民権放棄は意外にも簡単である一方、米国税制の続きは、過去のタックスファイリング、情報ファイリングをさかのぼって行う必要があり、それにまつわり、多額の納税や罰金が発生することが多々あります。

 

この罰金を回避するための措置が、Relief Procedure Ceterin Former Citizensなのです。

尚、過去のTax Filing, 情報Filingはファイルする必要があり、回避できません

 

2. Accidental Americanとは

American/米国市民は、(1)アメリカ合衆国の地に於いて生まれた方、(2)米国外でアメリカ市民の親から生まれた方、そして、(3)自分で選択して、アメリカ市民となられた方のことを指します。

Accidental Americanは前者のアメリカで生まれた方で、のことです。

<参考Website>

https://www.thetaxadviser.com/news/2019/sep/irs-tax-relief-expatriates-201921979.html

https://www.irs.gov/individuals/international-taxpayers/relief-procedures-for-certain-former-citizens

3.American Citizenの税制上の義務

4.Covered Expatriates(Section 877A)

  • 平均のTax Liability(計算上の税金)が$168,000(2019)以上 (Fix this)

  • Net Worth(Asset-Liability)が$2ミリオン以上

  • 過去5年間のTax Filingをしをしていなかった

Covered Expatriateの立場になると、市民権放棄の際に保有する株、不動産は、実際に売却していなくとも、売却した、とみなされて課税される。

5.救済措置の内容

  • 市民権放棄の年とそれ以前(5年間)の免税

  • Covered Expatとはならない。

6.救済措置の対象の条件

  • 市民権放棄を行った時期が、2010年3月18日以降である。

  • ”Non-Willful“(ファイルをしてこなかったのは、故意ではなかった)

  •  
  • ​過去にタックスファイリングをしてこなかった。(Form 1040NRを除く)

  • Covered ExpatIncome tax liability Limits以下

  • 市民権放棄時と、救済措置申し込み時にて、Net Worthが$2ミリオン 以下

  • 過去6年の合計のTax Liabilityが$25000未満

  • 市民権を放棄した年のTax Filingを行う(Year 6)

  • 過去5年間のTax Filingをを行う(Year 1,2,3,4,5)

  • 過去6年間のFBAR, FATCA, Information Returnをファイルすする。

Relief Procedures (irs WEBSITE)

Under the Relief Procedures for Certain Former Citizens (“these procedures”), the IRS is providing an alternative means for satisfying the tax compliance certification process for citizens who expatriate after March 18, 2010.

 

These procedures are only available to U.S. citizens with a net worth of less than $2 million (at the time of expatriation and at the time of making their submission under these procedures), and an aggregate tax liability of $25,000 or less for the taxable year of expatriation and the five prior years.

 

If these individuals submit the information set forth below and meet the requirements of these procedures, they will not be “covered expatriates” under IRC 877A, nor will they be liable for any unpaid taxes and penalties for these years or any previous years.

<<11/30ここまで>

 

2. Accidental Americanとは

​通常、Dual Statusとなります。詳しくは、Publication 519にあります。 

Form 8854の作成が必要であるかをInstructionで判断し、必要であれば、作成し、添付します。IRSの別の部署にも送付する場合もあります。詳しくは、Form 8854のInstructionをご参照ください。

Form 8854で必要な情報は以下です。

必要情報は、(1)Long Term Residentでいた期間 (2)GC返却日の前日に於けるバランスシート (3)GC返却前の全世界の収入と納税額その他 (4)返却後のアメリカとかかわりのある収入等 (5)過去5年間、きちんとタックスをファイルしていたか、が挙げられます。

上記の情報、その他の要素を含めて、”Covered Expatriate”であるかどうか、の判断をまずする必要があります。

本件に関するご質問は、有料となってしまいます。こちらよりご連絡ください。

3. GCの返却年のタックスファイリングをしないままでいたらどうなるか?

 

まず、米国市民権離脱または、GCの失効、返却が2008年6月17日以降であれば、全世界のご収入をすべて申告する必要のあるアメリカの納税者、という立場ではなくなります。ご収入の内容によっては、Non-Residentでファイルする必要が出てくる場合はありますが。代わりに、”Covered Expatriate"という立場になるかどうかの判断によります。

もし、”Covered Expatriate”に該当するのであれば、Form 8854の提出が必要となります。未申請の場合は、$10,000の罰金が科せられます。

 

一方、返却が2008年6月16日以前であれば、US Taxpayerのままとなり、引き続き、USTaxのファイリングが必要となります。

 

この点は、移民法とは違いますのでご留意ください。

 

”Covered Expatriate"の判断は、Form 8854のInstuructionにあります。
 

Covered expatriate.

 

You are a covered expatriate if you expatriated after June 16, 2008, and any of the following statements apply.

 

  1. Your average annual net income tax liability for the 5 tax years ending before the date of expatriation is more than the amount listed next.

    1. $139,000 for 2008.

    2. $145,000 for 2009.

    3. $145,000 for 2010.

    4. $147,000 for 2011.

    5. $151,000 for 2012.

    6. $155,000 for 2013.

    7. $157,000 for 2014.

    8. $160,000 for 2015.

    9. $161,000 for 2016.

    10. $162,000 for 2017.

    11. $165,000 for 2018.

    12. $168,000 for 2019.

    13. $171,000 for 2020.
       

  2. Your net worth was $2 million or more on the date of your expatriation.
     

  3. You fail to certify on Form 8854 that you have complied with all federal tax obligations for the 5 tax years preceding the date of your expatriation.

”Covered Expatriate"の人が、Form 8854をファイルしない場合のペナルティーは、$10,000と書かれています。

4. GCの返却年のタックスファイリングをしないままでいます。アメリカに再入国はできますか?

本質問は税制から離れますので、米国移民弁護士さんにお尋ねください。 

******

*Bottomline:アメリカからけじめをつけたいのであれば、まず、GC返却に際するTax Filing(最終のTaxと場合によってはForm 8854)をきちんとすべきだと思います。

ご質問者、ご依頼者がForm 8854と最終のタックスをファイリングを避けたい、という意図の場合のご質問は、IRS規定に反するもので、残念ながら、対応はできません。