アメリカ税制解説
​日本の自営業とSE Tax
このWebPageの内容の対象者は以下です。
 
1.アメリカのタックスリターンのファイルの義務がある方。
 (多くは、アメリカ市民、アメリカ永住権保持者)
2.日本で自営業をされている方
*日本で雇用主様の元に就労されて、従業員という形態であれば、毎年、源泉徴収票に日本の社会保険を納付されている記載のある方は本題の対象外です。
*本件は年配になってから受け取る年金を受け取る、受け取らない、ということではなく、アメリカの社会保険料の免除のことです。強いて言えば、アメリカと日本でダブルで払い込みをなくすための処置のことに言及いたします。
 
日本とアメリカの間には、日米社会保険条約(Totalization Agreement:2005)があり、日本で厚生年金または国民年金に支払いをしていれば、アメリカの社会保険料を二重払いする必要がない、という取り決めがあります。
 
同様に、アメリカにてソーシャルセキュリティーを納めていれば、日本での国民年金、厚生年金の納付は回避される、ということになります。
上記、もう少し細かい内容がありますが、ここでは、割愛いたします。
 
では、アメリカのタックスリターンに於いて、日本で自営をされている方はどのような手続きを踏むべきかを説明します。
まず、自営業の方は、アメリカのタックスファイリング時に、Schedule Cという書式をファイルします。収入と経費を記載し、純利益(Net Income)を算出します。
こちらのNet Incomeに対して、SE Tax (Self-employed Tax)というアメリカの社会保険料が計算されます。約15.3%の税率となります。
15.3%は以下の内訳です。
社会保険料|Social Security Tax  雇用主分     6.2%
社会保険料|Social Security Tax  被雇用者分​ 6.2%
老齢健康保険料|Medicare Tax   雇用主分     1.45%
老齢健康保険料|Medicare Tax   被雇用者分 1.45
合計                  15.3 %
*約15.3%と書いたのは、実際の計算は、ほんの少しの%が軽減されるためです。
 (細かい計算はSchedule SEにありますので、ここでは、割愛いたします。)
*自営業は、ご本人様がご自分の雇用主であり、また被雇用者、という二つのお立場になるため、上記にありますように”雇用主分”と”被雇用者分”の二つの%がかかってきます。
*会社勤めの方ですと、会社が半分払ってくれますので、負担は6.2%+1.45%となります。
自営業の方は、はアメリカでもアメリカ国外からのごご収入でも、Income Taxと合わせて15.3%の社会保険料を納める義務があります。
 
日本と違い、アメリカの確定申告時に、併せて社会保険料を支払います。
 
したがって、多くの自営業の方で、ご自分でEstimated Payment(予定納税)をされていない方は、かなりのTax Dueとなり、驚かれることが多いのです。
*****
日本に住まわれるアメリカの納税者で自営業をされている方は、このSE Taxはタックスファイリング時に、課税されるのでしょうか?
 
答え:
自営業に対する日本の社会保険料をお支払いになっていれば、アメリカのSE Taxは免除されます。免除の扱いをするには、以下が必要となります。
 
  • 日本から該当のご収入に対して、社会保険が支払われている「証明書」を入手
  • タックスファイルに添付し、書類申請のみ(E-Fileはできない。)
証明書ですが、現在実際のところを調査中ですが、以下になると思います。
  • 年金事務所からの証明書を発行→翻訳(弊社のお客様へは弊社にて翻訳します。)
  • <調査中>「国民健康保険」「国民年金」の納付書??
2021年現在、手掛けているお客様では、年金事務所からの証明書をお願いしています。
現在その結果待ちとなっています。
一方、納付書はれっきとした証明書となります。こちらも使えるのではないか、と弊社では考えています。
本件、現在進行形ですが、いずれにせよ、E-Fileはできず、何らかの「証明書」が必要となることは確実です。
昨年は、コロナの為、年金事務所などが閉鎖だったため、書式によるタックスファイルの処理がかなり遅れています。その為、コロナ補助金の受領に支障がでることもあります。
しかし、コロナ補助金は、最近できた法律であり、上記のSE Tax・証明書・Paper Filingの規定を崩すものではありませんので、弊社としては、法律に従い、Paper Filingを履行してまいります。
 
本件に関するIRSとSocial Security AdministrationのWebsiteは以下のリンクとなります。
また、抜粋文をWebsiteの下にコピペします。
Social Security Administration

Certificates For Self-Employed People
 

If you are self-employed and would normally have to pay Social Security taxes to both the U.S. and Japanese systems, you can establish your exemption from one of the taxes.

  • If the United States covers your work (see table above table ), you can request a certificate of U.S. coverage online at opts.ssa.gov or write to the Social Security Administration at the address above.

  • If you will be covered by Japan (see the following table ), write to the local Japanese social insurance agency that collects your Japanese Social Security taxes.

Be sure to provide the following information in your letter:

  • Full name;

  • Date and place of birth;

  • Citizenship;

  • Country of permanent residence;

  • U.S. Social Security number and/or Japanese Basic Pension number;

  • Nature of self-employment activity;

  • Dates the activity was or will be performed;

  • Name and address of your trade or business in both countries; and

  • If you are requesting a certificate from the United States, a statement certifying whether or not you, and all family members who live with you in Japan, are or are not covered by a private health insurance plan while in Japan (see Note above).

 

Effective Date Of Coverage Exemption
 

The certificate of coverage you receive from one country will show the effective date of your exemption from paying Social Security taxes in the other country. Generally, this will be the date you began working in the other country, but no earlier than the effective date of the agreement.

Certificates of coverage issued by Japan should be retained by the employer in the United States in case of an audit by the Internal Revenue Service (IRS). No copies should be sent to IRS unless specifically requested by IRS. However, a self-employed person must attach a photocopy of the certificate to his or her income tax return each year as proof of the U.S. exemption. 

IRS

International Social Security Agreements
 

The United States has entered into social security agreements with foreign countries to coordinate social security coverage and taxation of workers employed for part or all of their working careers in one of the countries.  These agreements are commonly referred to as Totalization Agreements.  Under these agreements, dual coverage and dual contributions (taxes) for the same work are eliminated.  The agreements generally make sure that social security taxes (including self-employment tax) are paid only to one country. 

If your self-employment earnings should be exempt from foreign social security tax and subject only to U.S. self-employment tax, you should request a certificate of coverage from the U.S. Social Security Administration, Office of International Programs.  The certificate will establish your exemption from the foreign social security tax.  You can get more information about the Totalization Agreements on the Social Security Administration's web site.

To establish that your self-employment income is subject only to foreign social security taxes and is exempt from U.S. self-employment tax, request a certificate of coverage from the appropriate agency of the foreign country.  If the foreign country will not issue the certificate, you should request a statement that your income is not covered by the U.S. social security system.  Request it from the U.S. Social Security Administration.  Attach a photocopy of either statement to your Form 1040 each year you are exempt from U.S. self-employment tax. 

 

Also print “Exempt, see attached statement” on the line for self-employment tax.

See the “Self-Employment Tax” information in IRS Publication 54, Tax Guide for U.S. Citizens and Resident Aliens Abroad, for more detailed information about self-employment tax for U.S. citizens and residents abroad.

  • Facebook Social Icon
Copyright© Hanako International LLC All Rights Reserved.

© 2017-2020 by Hanako International、LLC