タックス日本語より新年のご挨拶です。税制改正とお願い。

2019年も二週間が過ぎ、松の内も終わってしまいました。今年も続々とお問い合わせありがとうございます。喜びをもって、貴タックスを引き受けさせて頂きます。 昨年2018年の秋には、野暮用のため、急きょ日本に戻らなければならず、お客様への対応が遅れたことをお詫びいたします。 さて、2019年の今年2018年のタックスの申告をするわけですが、2017年末に議会で可決されたトランプ大統領肝いりの税制改正が2018年から実施されています。しかし、その影響を実感するのは、2019年のタックスファイリング時になります。 一般の方は、多少リファンドが増える方向にあると思います。基本控除が倍になるからです。一方、基本控除が取れないNon-Resident (F1 Visa 1-5 年目, J-1 Visa1-2年目、滞在183日以下の方など)の方には、痛手となります。理由は、Exemptionといういわゆる一人当たりの控除(2017年までは一人$4050)が撤廃されてしまったからです。16歳以下のお子様がいるご家庭では、子供手当が$1000から倍の$2000に増えます。一方、ITINをお持ちのお子様は減額となっています。現政権の移民への”いやがらせ”にもとらえられます。 その他、今回の税制改正では、小規模の個人事業の方などへは、特別な控除も見込まれます。一方、従業員をContractor扱いで雇い、経費削減を図ってきた事業主の方は、お気を付けください。税制改正により、従業員とContractor扱いの従業員”もどき”の区分けをしっかりしないといけない時期になってきたようです。 詳しい税制改正の内

Featured Posts

Recent Posts

Archive

Search by tags